猫のうんちがかたいのは便秘のサイン!猫の健康を守るには?

高齢猫のうんちが硬くなったら要注意!

 

 

 

はじめまして。

 

うちでは私が子どもの頃から飼っている18歳の高齢のトラ猫がいます。

 

18歳っていうと、人間にすると90歳超え。

 

かなり長生きしてくれてますね。

 

 

 

でも、ここまで長生きすると、猫も結構変わってきます。

 

分かりやすいのが毛並みですね。

 

若い頃より毛繕い(グルーミング)をしないせいか、だんだん毛がベタベタして

 

毛玉ができやすくなったり、毛も抜けやすくなってきました。

 

 

 

他にも細かい老化現象は色々ありますが、そんな中半年程前から、

 

トイレのうんちの量が減ってきました。

 

ウサギのフンのような、カチカチに硬くて黒っぽいのがコロコロと転がっているだけ。

 

うちの猫は結構ガタイが大きく、これまではうんちも結構大きかったので、

 

「これも老化現象なのかな…」と思って調べてみたんです。

 

 

 

すると、便秘の疑いがあることが分かったんです。

 

どうやら高齢猫になると、若い時よりも便秘になりやすいようで、うちの猫もまんまと

 

その流れに乗っかってしまったみたいですね。

 

 

 

病院に連れて行くのがいいのは間違いないですが、うちの猫は病院が大の苦手で、

 

連れて行くが身体や心にスゴイ負担になるのは目に見えています。

 

そこでまずは家でできる便秘対策を徹底してみることに。

 

 

 

当サイトではそんんな高齢猫の便秘対策について、実際にうちでやったことなどをまとめています。

 

高齢で便秘が気になる年齢になってきている猫ちゃんがいる家庭は是非参考にしてみてくださいね。

 

便秘になるとどうなる?

 

 

 

便秘の対策を紹介する前に…。

 

猫を飼っていても便秘について詳しく知っている人はそれほどいないのではないでしょうか?

 

そこで、基礎的な知識として猫が便秘になったらどういう症状が出るか、放置するとどうなるかについて

 

知っておいてもらいたいと思います。

 

 

人間と猫で便秘の症状は同じ?

 

 

 

猫が便秘になった時の症状は人間と似たようなものも多くあります。

 

便秘の症状としてよく現れるのは以下のようなものです。

 

  • うんちが出ない
  • トイレで力んでも何も出さずに出てしまう
  • トイレを行ったり来たりする
  • うんちの量が少ない
  • うんちが硬い・普段より黒っぽい

 

この中で注意しなければならないのが、うんちが多少なりでも出ている場合。

 

うんちが全く出ていない状態なら当然どんな飼い主さんでも「どうしたんだろう?」って思いますが、

 

少量になっていても気づかない飼い主さんや、気づいてもスルーする飼い主さんも多いみたいです。

 

「出てるから問題ないや」って思っちゃうんですね。

 

 

 

でも人間が便秘になると苦しいと感じるように、猫だって便秘は苦しいもの。

 

うんちの状態が明らかに変わってきたらサインを見逃さないようにしてください。

 

 

便秘が続くとどうなる?

 

 

 

便秘の理由については大きく3つあります。

 

  1. 生活習慣などが原因の便秘
  2. 怪我や炎症が原因となる便秘
  3. 誤飲や毛球症が原因の便秘

 

このうち、2か3が原因の便秘はかなり危険。

 

2はお尻や腸内などにできた怪我や炎症によって、排便時に痛みがあって排便を我慢してしまう便秘です。

 

この排便が痛くてできない状態が長引くと、が体内で固まってかなり出すのが難しくなってしまいます。

 

当然、出さない限り腸内の便は溜まっていきますから、痛みが続くだけ便秘は深刻になってしまいますよね。

 

 

 

3はご飯以外のゴミや自分の毛玉を飲み込んでしまった場合です。

 

ほとんどは嘔吐や便で排出されますが、まれに腸で異物がせき止められ、そのまま便も溜まり続けることが

 

あるようですよ。

 

これは腸閉塞という病気で、放置すれば死にも至る病気といわれています。

 

 

 

これらが便秘の原因になっている場合、命に関わる可能性がある危険な状態です。

 

これらの原因に心当たりがあるなら、いますぐ病院で診てもらった方がいいでしょう。

 

一方、1はすぐに命に関わる緊急性の高い状態ではないですが、これも放置すれば

 

別の病気の原因になることも多く、放置はおすすめできません。

 

 

 

当サイトでは主に1が原因で起こる便秘についての対策をご紹介しています。

 

もし、これらの対策を行っても便秘が全然良くならない場合は2,3が便秘の原因になっている

 

可能性もあるので、この場合も病院で診てもらうことをおすすめします。

 

高齢猫の便秘対策!

 

 

 

猫、特に高齢猫は元々かなり便秘しやすい性質を取り揃えています。

 

ですから普通にちゃんと世話をしているつもりでも、便秘によくない生活になってしまっていることも…。

 

ここからはそんな高齢猫が便秘になる原因と対策を書いてみたいと思います。

 

 

高齢猫は運動不足になりやすい

 

 

 

高齢猫を飼っている人ならご存知だと思いますが、若い時に比べて歳を取ると走り回ったり

 

ヤンチャすることが少なくなり、寝ている時間が長くなります。

 

ですが、このまま動かない生活が続くと、体力だけでなく筋力まで衰えてしまい、

 

腸を動かす蠕動運動の力が弱まってしまうんです。

 

その結果、腸の中を便がスムーズに進まなくなり、便秘になりやすくなるんですね。

 

 

高齢猫の運動不足を解消させるには?

 

ずっと定期的に運動させていた猫ならともかく、そうでない猫は高齢猫になってから遊ぼうとしても

 

なかなか食いつきません。

 

これは高齢になるにつれて、色んなことへの興味が薄れていくためです。

 

 

 

ただ、以前から定期的にやっていた遊びに誘えば、割と食いついてくれます。

 

例えばボール遊びを昔からやっていた猫は、ねこじゃらしには食いつかなくてもボール遊びなら

 

習慣として覚えているので遊んでくれるんです。

 

猫も歳をとってから新しい遊びはするのはしんどいようで、ネットで「キャットタワーを置きましょう」と

 

書かれていても、高齢になってからタワーを置いたのでは興味すら持ってもらえないこともあったりします…。

 

 

 

もしこのような定期的にやってた遊びがない時には、最終手段としてエサで釣って遊んでもらいましょう。

 

ただ、無理させ過ぎても怪我したりするので、猫の体力に合わせて5分〜10分程度の軽い遊びで充分です。

 

 

 

また、腸の蠕動運動を促す方法として、マッサージをしてあげるという方法もあります。

 

マッサージは下腹のあたりを優しく円を描くように撫でるだけ。

 

猫が嫌がらない時に3〜5分くらいの間でやりましょう。

 

この時、お腹に硬い塊のようなものがあれば、それが体内に溜まっている便です。

 

 

猫の飲む水は足りていますか?

 

 

 

猫を飼っている家庭であればちゃんと毎日水をあげていることと思いますが、実は普通に水道水を

 

あげているだけでは、水分不足に陥っている可能性があります。

 

というのも、猫はあまり積極的に水を飲まない場合もあるからです。

 

これによって便がかたくなり、便秘に陥ってしまうこともあります。

 

 

 

猫の1日の水分摂取量は体重1kgにつき、50mlが目安。

 

体重が4〜5kgくらいの猫であればコップ1杯分くらいは水を飲んでいないといけないんですね。

 

お宅の猫はこのくらいの量を飲めているでしょうか?

 

 

水をたくさん飲んでもらうには?

 

もし水を飲む量が少ないと感じる場合には、少し工夫して猫が積極的に水を飲むように

 

仕向ける必要があります。

 

猫が水を少ししか飲まない理由の一つとして考えられるのは、水道水に含まれるカルキ臭さ。

 

これは猫にとって有害なものではありませんが、猫の嗅覚では臭く感じてしまうようなんです。

 

 

 

つまりカルキ臭さを無くすことができれば、猫はもっと喜んで水を飲んでくれるということ。

 

方法は色々あります。

 

  • 水道水を一度沸かし、冷ましたものをあげる
  • 鶏や魚の煮汁で別のにおいをつける
  • 市販の水や浄水器の水を与える(ただし硬水は×)

 

これらの方法で水をあげると、猫はめちゃくちゃがっつくように水を飲んでくれたりします。

 

ただ、これを毎日続けるとなるとちょっとお金や手間がかかるのが難点ですね。

 

 

 

他の手段として、猫は止まっている水より動いている水の方が好きという習性を利用して、↓のような

 

水が常に動く自動給水器を使ってみるのもいいでしょう。

 

 

ドリンクウェル ペットファウンテン プラチナム 犬 猫用 循環式自動給水器 水飲み 循環式給水器 沖縄別途送料 関東当日便

 

 

これなら一度購入してしまえば、これまで通り水を補充してあげるだけなので、あまり大きな

 

手間にはならないと思います。

 

 

猫にもストレスがある!

 

 

 

飼い主に嫌なことをされたり、落ち着ける寝床がないなどはもちろんのこと、

 

トイレが汚い、部屋がうるさいなど些細なことでも猫はストレスを感じいたりします。

 

結構デリケートですよね。

 

 

 

人間もストレスを感じるとお腹を壊したりする人がいますが、猫も同じでストレスが引き金になって

 

便秘を引き起こすことがあります。

 

特に高齢猫の場合は若い猫よりもストレスの負担が大きくなるようで、便秘以外にもストレスで

 

様々な身体症状が出やすくなるようです。

 

 

猫のストレスを解消するには?

 

まず第一に、大きなストレスとなりそうなことは避けることが大切です。

 

例えば、引っ越しなどの環境の変化、猫への嫌がらせ、部屋が汚いなどは猫にとってストレスに感じます。

 

 

 

特に一番ストレスになるのは、家の中に知らない人や知らない動物がやってくること。

 

猫好きな人は捨て猫を見るとついつい連れて帰ってあげたくなることもあるでしょうが、

 

これは既に飼っている猫にとってはめちゃくちゃ大きなストレスになるみたいですよ。

 

飼い主の都合上仕方ないこともありますが、このような大きなストレスになる可能性があることは

 

最小限にとどめてあげてください。

 

 

 

次にストレスが溜まってしまった後の解消法ですが、適度に猫の相手をしてあげるのが一番効果的だと思います。

 

猫が「相手してくれー」と寄ってきた時に一緒に遊んであげたり、膝に乗せて撫でてあげるようなスキンシップを

 

継続していれば、それほど大きなストレスを溜めこむことはないでしょう。

 

爪とぎもストレス解消になるようなので、猫が爪とぎできるグッズを置いておくといいですね。

 

 

 

また神経質な猫の場合、トイレが少しでも汚いとうんちやおしっこをしない場合があります。

 

トイレを我慢することで便秘になってしまうので、トイレはいつも清潔に保つようにしてくださいね。

 

 

カリカリフードに足りない栄養がある!?

 

 

 

猫のエサは色々販売されていますが、カリカリフード(ドライフード)が猫にとって一番の栄養源となります。

 

高齢猫を飼っていらっしゃる方にとっては言われるまでもなくあげていることでしょう。

 

しかし、このカリカリフードでも不足するかもしれない栄養源があることをご存知でしょうか?

 

 

 

その栄養とは食物繊維です。

 

人の便秘にも良いとされてて聞いたことあると思います。

 

この食物繊維は猫にとってもスムーズな排便にも必要なんですが、実はカリカリフードは商品によって食物繊維が

 

少ないものも沢山あるんです。

 

ただ、食物繊維は摂りすぎても下痢やおならの原因になってしまうので、目安として3%〜5%くらいの食物繊維

 

が含まれるヒフードがちょうどいいと思います。

 

 

 

また、猫は歳を取ると腸内の善玉菌がどんどん減り、逆に悪玉菌が増殖していくのですが、

 

これも高齢猫が便秘しやすい原因の1つとなっています。

 

人の腸を整える栄養素と言えば、乳酸菌・オリゴ糖などが知られていますよね。

 

これは猫にも有効ですが、人と猫では元々持っている善玉菌に違いがあり、人間には「ビフィズス菌」が多いのに対し、

 

猫は「腸球菌」という善玉菌が多いようです。

 

つまり、よくネットでも言われている人用ヨーグルトやビオフェルミンは猫には効かないってこと。

 

猫には猫用の乳酸菌・オリゴ糖が必要なんですね。

 

 

 

これらの食物繊維や乳酸菌・オリゴ糖を補給する方法はエサ、おやつ、サプリなど色々ありますが、

 

私がオススメなのは、とあるサプリをエサと一緒に食べてもらう方法です。

 

そのサプリについては↓で説明しますね。

 

サプリメントで足りない栄養を補給させよう!

 

 

 

高齢猫の便秘対策として是非取り入れてほしい食事の改善ですが、

 

食物繊維入り、乳酸菌入りのエサやサプリは探してみると結構あります。

 

ただ、上で挙げた栄養素の全てが含まれている商品はそう多くありません。

 

そんな中、食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖の他、腸の吸収を助ける消化酵素まで含まれた

 

サプリを見つけました!

 

それが「ねこファイン」というサプリメントです。

 



 

 

このサプリメントは最新の研究をもとに、猫の腸内を育てることを目的に作られています。

 

食物繊維と消化酵素でお腹をスッキリさせ、乳酸菌とオリゴ糖で腸を育てる!

 

食物繊維&消化酵素のサプリや、乳酸菌入り、オリゴ糖入りのエサなどは他にありますが、

 

全てがオールインワインの「ねこファイン」なら、ここまでの過程がこれ1つでできちゃうんです!

 

 

 

あげる方法もエサに混ぜるだけと簡単です。

 

うちではカリカリフード+ウェットフード(缶詰やパウチ入りのエサ)+サプリを混ぜてあげています。

 

これなら猫の口に合わなくて食べないなんてことも少ないかと思います。

 

色んな食物繊維入りのエサを食べ比べさせたり、別途乳酸菌入りのおやつを食べさせたりする

 

必要がないので、かなり楽ですよ。

 

 

 

 

実際の気になる効果ですが…、うちの猫には抜群にありました!

 

これを与え始めてから僅か3日ほどでうんちのかたさが変わったんです。

 

まさかここまで早く効果がでるとは思いませんでした。

 

その後も継続してあげていて、今ではすっかり便秘とは無縁になり、心なしか以前よりも元気に

 

なったように感じるようにすら感じます。

 

食事を変えるだけでこんなにも違うのかと思いましたね。

 

 

 

初回の1か月1回定期コースでも4,200円となかなかのお値段がしますが、エサを色々変えたり、

 

病院に頻繁に連れていくことを考えたら、まぁしょうがないかな…と個人的には思います。

 

猫によって効き目に個体差はあると思いますが、私的には断然試してほしいですね。

 

 

 

当サイトで書いたことを試して、辛い便秘で苦しむ猫ちゃんを一刻も早く元気にしてあげてください!